Blog

 

いろいろな情報を適宜掲載

いろいろな情報を適宜掲載
フォーム
 
のびる選手の条件
2013-04-11
日本テニス協会の大会プログラムに掲載されていました。
 
「  伸びる選手の条件
選手自ら、考え、行動することで「人間力」を養おう!
 
1.夢(目標)を持ち続けている
願望を持ち、その炎を燃やし続ければ、可能性は限りなく広がる。
未来の自分のあり方は、現在の自分が鍵を握っている。
夢があれば苦労も苦労でなくなる。(小出義雄監督談)
2.負けず嫌いである
何でもいい、一番になる(技術、体力、走力、戦略、度胸・・・・・)
ライバルを探せ、それに負けるな。
あきらめるな!(他に方法がないか?) 粘れ!(まだ答えは出ていない)
3.考える力「ストーリー・プラン」がある
うまくなるために何をどうすればいいのか?(疑問)
知識と情報を集め、いつでも出せるように整理しておく→(知恵)
PLAN→DO→CHECK(目的意識→実践意識→確認意識)
4.感じる力「つながり」を理解できる
学んだことを体で感じて理解する。
自分に必要なこと(フィジカル、メンタル面)を知る。
相手が読める→(読むトレーニング=セオリーを熟知しておく)
5.継続する力を持っている
できないのではなく、やらなかっただけ?
習慣づける(1日20分は<こ れ>をする×一生=習慣)
自己成長
6.傲慢と謙虚のバランス
表の傲慢=自信が過信に変わった時(こんなはずじゃ・・・・→あせりになる)
裏の傲慢=わがまま、結果を考えビビる。
試合では、謙虚さ(恥ずかしさ)を出すな。
7.何事にも感謝の心が持てる
指導者に、両親や兄弟に、チームメイトに、関わるすべての人々に
自分の用具に、コートに
そして今、コートに立って練習が、試合ができることの喜びに。」
 
 
この一球
2013-04-11
有名な言葉なので掲載します。
著作権も無くなっているのでは?
 
「この一球は絶對無二の一球なり、されば心身を擧げて一打すべし。
 この一球一打に技を磨き、體力を鍛へ、精神力を養ふべきなり。
 この一打に今の自己を發揮すべし。
 これを庭球する心といふ。
                         福田雅之助」
 
 
 
 
謹んで大震災・台風・洪水による災害のお見舞いを申し上げます
 
本サイトで使用している
画像・テキスト・データ等
すべてにおいて無断転載、
使用を禁じます。
大阪府テニス協会
〒550-0003
大阪府大阪市西区京町堀
2-13-1-211
TEL.06-6459-3783
FAX.06-6459-3784

 
 
<<大阪府テニス協会>> 〒550-0003 大阪府大阪市西区京町堀2-13-1-211 TEL:06-6459-3783 FAX:06-6459-3784